RDF Site Summary
RSS 2.0
2017年04月07日

天童木工 4シーター Margareta マルガリータ ソファ チェア 革張り 入荷しました。

tendo.jpg
P1010057.jpg
天童木工4シーターMargareta(マルガリータ)ソファ入荷しました。

Margaretaソファは、スウェーデンの家具デザイナー、ブルーノ・マットソンが来日した際、畳の上での実体験を元に開発されました。1976年の商品化以降、40年以上も作り続けられています。ソリのような形の「畳ずり」と呼ばれる脚部は畳の上に置いても跡がつきにくいように考えられた形状です。また成形合板による細いフレームは軽く、動かしやすいのも特徴です。

天童木工
山形県の天童市に本社をかまえる天童木工は、「成形合板」の技術を日本で初めて取り入れた家具メーカーです。成形合板とは、単板と呼ばれる薄くスライスした木の板を重ね合わせ、さまざまな形状につくり出す技術。その製品は軽く丈夫で、無垢材では表現が困難な、複雑な曲線を可能にします。デザイナーのアイデアと熟練の職人技が生んだ自由な造形の家具は、時代を超えて愛されています。

Bruno Mathsson
スウェーデンを代表する建築家のブルーノ・マットソン氏は天童木工が初めて契約した外国人デザイナーです。
氏と天童木工の出会いは、1974年当時、六本木にあったスウェーデン・センターで開催された日本初の個展「ブルーノ・マットソン展」がきっかけでした。このとき初来日した氏は、日本人のために自らデザインしたラフな図面やスケッチを持って山形の天童木工本社に来てくれたのです。椅子を引きずっても床に傷がつかないよう脚の底辺面積を大きく取った「床摺り」をつけた構造は畳で暮らす日本の生活様式を勉強するなどかなりの“日本通”だったマットソン氏ならではの提案でした。
氏がデザインした作品は、M Seriesとして発売されていますが中でも代表的なのはハイバックチェア[M-0562]です。前後の脚が「床摺り」によって繋がっている“閉じた脚”は安定した構造となり、フレームを細くすることを可能にしました。
この細身のフレームをキャンバス地で包んでいるためハンモックのように体を受け止める座り心地と軽さが特徴です。

やっと桜が咲いてきましたね。もう満開のところもあるかもしれませんが、私はまだお花見できていないので、今週末にでもお花見したいと思います!今週末ぐらいが見頃かもしれませんんね。

こちらの商品は再良市場大森店のヤフオクにも出品中です!
ヤフオク!

お問い合わせ番号:170407

17_2新生活応援SALE.jpg
2/24〜4/23まで
新生活応援SALE開催中!
大型商品持ち帰りで5%-10%OFF!
1点で税込み1万円以上の家具購入で同等品家具の引き取り無料!
店内商品最大70%OFF!

売りたい時も買いたい時も、再良市場大森店へ!! 

ご予約やお問い合わせ、ご相談はこちら!!!
再良市場 大森店 
愛知県名古屋市守山区元郷1-402
TEL 052-768-1555
Mall oomori@sairyouichiba.co.jp
facebook https://www.facebook.com/sairyou.oomori                            
  
ランキング参加中です!ぽちっと応援お願いします♪
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ人気ブログランキングへ

posted by 再良大森 at 10:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 家具-ソファ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: